駆除サービス

トップページ > 駆除サービス

誠馬の駆除の特徴 確実な成果をお約束するため、品質管理の手法としてPDCAを導入しています。

Plan→Do→Check→Actionのプロセスを実施します。
結果が出た後、action(報告・処置・改善)ではcheck(点検)の結果から、最初のPlan(計画)を継続・修正・破棄のいずれかとして、次回のplanに結び付けます。このように、らせん状のプロセスによって継続的効果・施工効率の向上・業務改善をしていきます。

Plan:現状診断・最適手法選択
店舗やお住まいの間取り・特徴を見極めて、最適な封鎖方法や発生源除去、薬剤駆除等を立案します。業界初特許工法をはじめとする当社ノウハウが強みを発揮します。
Do:専門技術者による施工
専門技術者がお客様の物件に最適な手法で総合的な駆除を行い、報告内容や重要施工ポイント、改善提案等を記録します。
Action:完全駆除までの徹底した改善
全ての作業が終了し、その後、万が一の再発があれば、速やかに駆けつけ、完全駆除まで徹底して見直しを図ります。問題が解決するまで、何度でも追加料金なくお伺いし、徹底改善致します。
Check:お客様目線での確認
本当に駆除できたのか?隠れた原因はないか?お客様の目線で確認します。不安をお持ちの場所、気になる場所も入念にチェック!継続して発生させない事が重要です。

当社施工心得

巣の発見・原因究明

害虫・害獣の発生には必ずといっていいほど、巣といわれる発生原因が見受けられます。巣などの原因を究明することにより、効果を長続きさせ、確実に効果が上がり、 一過性ではない根本的解決、完全駆除が可能となります。

最適手法の選択

環境的駆除とは、餌となる生ゴミなどをしっかり管理するとともに、5S(整理、整頓、清潔、清掃、しつけ)を徹底し、害虫が発生しにくい環境作りを行うことです。施工前に機材の下や裏側に入り込んだゴミを排除、入念な隙間塞ぎによって害虫が発生しにくい環境づくりから始めます。環境を整え快適空間にするためには、環境的駆除の徹底が重要です。

物理的駆除とは手作業による巣の排除、害虫の吸引、粘着での捕獲等などが挙げられます。簡単に言えば「道具を使って対象となる害虫獣の巣や固体を減らす」方法です。原始的な方法ではありますが大量に発生している現場では功を奏します。

化学的駆除は薬剤の散布や噴霧、ベイト剤での駆除などです。即効性がある事や目に見えて効果がありますが、様々な状況を考慮して薬剤の種類、用量を選択する必要があります。
当社では状況に応じた手法選択で今まで困難だった駆除に成果を出しています。

年間保証プラン・成功報酬制度・特許工法!

年間保障は自信の表れです。また、「他社で駄目だった。」という本当にお困りのお客様には成功報酬制度を設けております。お試しは無料ですので、ぜひ一度御問い合わせ下さい。

さらに当社は特許工法を出願しており、真似のできない技術も取り入れるとともに、新しい技術の開発に日々取り組んでいます。

専門業者による施工

当社は、公的登録の必要要件を満たし、常に建築物の環境衛生上の維持管理を行う事業者の資質の向上を目指しています。
また研修を受けた専門技術者がお客様の物件を担当し、実施しています。
以下の認定および登録を受けています。

  • 厚生労働省所轄『建築物ねずみ昆虫等防除登録』(大阪府知事登録)
  • 厚生労働省管轄 『財団法人ビル管理教育センター』(防除作業登録)
  • 国土交通省管轄 『社団法人日本しろあり対策協会』(シロアリ防除施工士)

技術と信頼ある事業者登録はもちろんのこと、お客様への快適空間が提供できるよう日々、独自開発、技術革新に努めております。

●建築物環境衛生管理基準について
登録の必要要件(厚生労働省HPより抜粋)

事業登録の基準は大きく分けて人的要件、物的要件、その他の事項に大別され、その要件を満たしていることが必要です。

  • ・物的要件・・・機械器具、保管庫の所有
  • ・人的要件・・・防除作業監督者がいること
  • ・その他の要件・・・作業方法、機材器具等の管理方法が基準に適合している必要があります。

トップへ戻る